スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

現役面接官がこっそり教える、面接突破法

【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法



 年商200億円、正社員600名以上の会社で人事をやっている現役の面接官が面接に受かるコツを教えてくれます。

 新卒のかたでも転職希望者でもOKです。

 

採用される人はどんどん採用される



  その秘訣をあなたも多くの知らない間に、入手してみかせんか?

 もっと詳しく知りたいかたはこちらへ
   V
   V
   V
   V
   V
 
 つづけて、お読みいただきありがとうございます。

 続けて、読まれたあなただけにお教えしますが、面接第一印象が大切です。

 笑顔で会場入りし、笑顔で面接を受け続けるだけで、面接官はあなたに対して”好意的”になってくれます。

 
 さて、あなたに面接のコツを指南してくれるその面接官 渡辺裕一氏も最初から、面接のエキスーパートだった訳ではありませんでした。

 学生時代、25社連続で不採用の不名誉記録。

 渡辺氏が目からウロコだったのは、叔父さんの以下の言葉でした。

 「裕君は面接の時にちゃんと何を言おうかは考えているようだけど、面接官が何を聞きたいかを考えたことはある?」

 それからです。渡辺氏に奇跡が起こったのは!!

 いえ、奇跡ではありません。受かるべくして受かるようになったのです。

 渡辺氏から、あなたに

  

面接に受かるポイントを4点だけご指南します



 ポイントが50もあると言っても、あなたは覚えきれないかもしれませんよね。

  無理な50より、実現可能な4つのポイント!

 それは

 (1) 面接時に他者と差をつける簡単な”ある行動”を行う
 (2)自己紹介では3つの”ある要素”を入れて話す
 (3)志望動機には”ある場所”から入手した情報を含めて話す
 (4) 面接後に勝敗を分ける決定的な”ある行動”を行う


 それで必要十分なのです。

 90日間実践して、もし採用通知書を1枚も手に入れられなかった場合はメールにて連絡してください。

 もっと詳しい渡辺氏の話を知りたいかたはここをクリック
  ↓   ↓   ↓    ↓
【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法


 実際、この方法を実践したかたがたからの声です。

 この本のキモとなる分は伏せ字にしてあります。ご了承ください。


「嘘のように堂々と話ができるようになりました」
     愛知県 MDさん


 知ら落ちには、本当に助けられることばかりでした。
 重点が簡潔に分かりやすくまてめられているので読みやすいでけではなく、頭に残り面接時に自然と思い出すことができました。

 その中でも一番役に立ったのはXXXXXXXXことの重要さに気づけたからです。
 XXXXXXXXと漠然とは思っていましたが、実際にそこまで重要ではないと勝手に決めつけていました。でも、知ら落ちを読んで、XXXXXXXXだけで印象はだいぶ変わると知り、すぐ次の面接から実践しました。すると自分にも自信がつき、今までの自信のない面接が嘘のように堂々と話ができるようになりました。

 そのおかげで私は第一志望の企業に内定をもらうことができました。本当に感謝しています。

 ありがとうございました。



「一番の“気づき”を与えてくれた一冊でした」
    神奈川県  TOさん


 XXXXXXXとXXXXXXX この二つが本当に参考になりました。
 自分は当初15社連続不採用を味わいました。
 自信を失い、面接には特別なノウハウが必要であり、それが自分にはできてないからだと思っていました。
 しかし、「知ら落ち」に出会った瞬間それは間違いだと気づきました。
 「XXXXXXXXX」を伝える。
 基本的なようで実は大半ができていない、これをアピールしていけば、自分をその他大勢から抜け出すことができる。
 これを読み、本当にそうだろうかと思いつつ、それらに力を置き、面接に臨みました。
 
 するとあっさり3社に連続内定。
 本当にびっくりしました。
 3社目が今回入社を決めた会社だったので、僕の就職活動は終わりましたが、この「XXXXXXX」さえ面接官に通じてもらえば、怖いものなしです。

 この本は僕が学生時代に出会った本の中で一番の「気づき」を与えてくれた一冊でした。
 本当にありがとうございました。



「プラス6年のハンデがありながらも内定を勝ち取りました」
    東京都 YFさん


 高校卒業後2浪して、他大学に2年在籍後、中退して今の大学に入学していますので、6年のハンデがありました。

一般的にプラス2年までは大目に見ていただけるようですが、プラス6年は大変厳しいといろんな方から言われました。
 しかし、プラス6年だからと諦めたくなかった。
 そのとき、知ら落ち に出会いました。

 読んでみて、どれもなるほどと思うことばかりでした。
 漠然と志望動機を書き、自己PRを考えて、面接を受けていたら、おそらく内定はいただけてなかったと思います。

 特に自己PRについては、プラス6年の経歴からXXXXXXを学んだとかXXXXXXかということをうまく伝えるための助けになりました。ただ自分をアピールするのではなく、XXXXXXXXXXXをアピールするという視点で作った訳ですから、自信を持って話すことができました。
 また履歴書の「XXXXXXXXXXXXを書く」というのも活用しました。自分自身の経歴について簡単にまとめて書くだけでなく、面と向かっては少し言いづらい「御社でがんばりたいです!」というXXXXXXも書きました。


 知ら落ちは、一言で言うと「大きな心の支え」だった気がします。就活を続けて行く中で、内定が出ずに先が見えない不安な気持ちになったこともありしたが、方向性は間違ってないという確信はありました。

 結果として、大手企業1社を含む3社から内定をいただくことができました。
 どの企業も絶対内定が取りたいと思っていた企業です。
 プラス6年のハンデがありながら、2社辞退しないといけない身分になるなんて自分でもびっくりです。

 何らかの事情がある方も、大手企業は無理だなんて諦めずに、知ら落ちで内定を勝ち取ってください!

 
 次に、内定通知を手にするのはあなたです!!!
     ↓   ↓   ↓    ↓
【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

 ただし、購入者の方から「他の人でも同じことをやっていて困った」というお声が集まり始めましたら、その時は、

  

販売が中止されます        




 中止されますと、販売再開はないそうですので、ご購入を検討の場合はできるだけ早めに購入してください。

 効果がない場合の返金保証があるので、ご心配はいらないと思います。

 運命の女神には後ろ髪がないと言われています。チャンスをあとから追いかけて、引き留めることはできません。

 頑張ってください。
 
 あなたの合格をこころよりお祈りしております。

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。